学校では教えない女性ホルモン不眠の作り方(女性ホルモン不眠の知識)

疲れているのに目がさえる夜中に目が覚める眠りが浅い不眠は誰でも起こることです

睡眠のリズムは女性ホルモンと関係していて女性ホルモンが低下すると眠りの質も低下します

女性ホルモンやメラトニンの代謝にも影響しています

レタスに含まれるラクチュコピクリンという成分には鎮静作用があり安眠によいと言われています

小さいレタスなら半分大きいレタスなら4分の1程度食べることで安眠効果が期待できます

たまねぎにも不眠に効く成分があるといわれています

たまねぎに含まれる硫化アリルというにおい成分に精神、神経を落ち着かせイライラを抑える作用があります

硫化アリルは他にネギ、にら、にんにく、ラッキョウなどに含まれています

硫化アリルは食べたり香りだけでも睡眠導入効果が期待できます

太らない体を作るためにも十分な睡眠をとることが大切です

毎日7時間眠ることで代謝が促進され疲れた細胞が修復されます

そのためには質のいい睡眠を導いてくれるメラトニンの分泌を促すことが必要です

寝る1時間前ぐらいからパソコンやテレビはやめて強い光を浴びないようにしましょう

夜は部屋を明るくしすぎないこともよい睡眠には大切です