学校では教えない女性ホルモン不眠の作り方(女性ホルモン不眠の知識)

疲れているのに目がさえる夜中に目が覚める眠りが浅い不眠は誰でも起こることです

睡眠のリズムは女性ホルモンと関係していて女性ホルモンが低下すると眠りの質も低下します

女性ホルモンやメラトニンの代謝にも影響しています

レタスに含まれるラクチュコピクリンという成分には鎮静作用があり安眠によいと言われています

小さいレタスなら半分大きいレタスなら4分の1程度食べることで安眠効果が期待できます

たまねぎにも不眠に効く成分があるといわれています

たまねぎに含まれる硫化アリルというにおい成分に精神、神経を落ち着かせイライラを抑える作用があります

硫化アリルは他にネギ、にら、にんにく、ラッキョウなどに含まれています

硫化アリルは食べたり香りだけでも睡眠導入効果が期待できます

太らない体を作るためにも十分な睡眠をとることが大切です

毎日7時間眠ることで代謝が促進され疲れた細胞が修復されます

そのためには質のいい睡眠を導いてくれるメラトニンの分泌を促すことが必要です

寝る1時間前ぐらいからパソコンやテレビはやめて強い光を浴びないようにしましょう

夜は部屋を明るくしすぎないこともよい睡眠には大切です

ネットで見れるすごい 女性ホルモンとしみや黒ずみ

しみや色素沈着の代表的原因は紫外線ですが

紫外線対策をしても出てくるしみは女性ホルモンの影響です

エストロゲンは年齢とともに卵巣の働きの低下により減少します

強いストレスや過労によっても減少してそのスピードも速くなります

くすみ、黒ずみと同様エストロゲンの低下性腺刺激ホルモンの増加メラニンの増加でしみが増えます

妊娠中にしみができやすのは妊娠を安全に持続するために性腺刺激ホルモンが増加して

メラノサイト刺激ホルモンを刺激するからです

紫外線により新陳代謝が低下すると顔全体のしみが目立つようになるので

UVA、UVBケアが必要です

新陳代謝を高めて抗酸化のためにはビタミンCの補給が大切です

ローズヒップにはビタミンCが豊富に含まれお勧めです

ビタミンCとともにビタミンE、ビタミンB群、カルシウムも一緒に摂取すると効果が高くなります

ビタミンEは血行を良くして細胞の酸化を防ぎ代謝を活発にします

ごま、オリーブオイル、アーモンド、かぼちゃなどに豊富に含まれています

ビタミンB群は代謝を高めて肌荒れやむくみを防ぎます

発芽玄米、アボカド、バナナ、オレンジ、かぼちゃ、アスパラガスなどに含まれています

カルシウムは肌の抵抗力を高めて炎症を抑える働きがあります

豆腐、納豆、海草、小魚

ごまは血行を促進して細胞の酸化を防ぐビタミンEを豊富に含み肝臓の機能を助けます

食物繊維も豊富で便秘予防、冷えの予防改善、子宮のうっ血を防ぐ効果があります

主婦の全身全霊をかけた凄まじい女性ホルモン低下と髪の切れ毛批判がわかりやすすぎる!

髪が細くなったコシや張りがなくなったパサつく髪の量が少なくなるなど

髪は血与といい体に十分に栄養が行き渡った後最後にあまった栄養が髪の毛に回るといわれています

髪の状態が良いときは体も肌も良い状態です

髪も皮膚の一部でたんぱく質からできています

栄養不足や血行が悪いと髪に栄養がいかなくなってしまいます

またストレスで神経が緊張すると頭皮の血行が悪くなり髪の毛が細くなり傷んできます

また女性ホルモンの低下も脱毛や切れ毛につながります

髪に栄養を行き渡らすためにアミノ酸を摂取することが大切です

アミノ酸を多く含む食品は大豆製品、かつおぶし、高野豆腐、しらす干しなどがあります

またビタミンB群は髪の毛の新陳代謝を活発にします

目の使いすぎが抜け毛の原因という説もあります

髪の毛を作る栄養素であるメチオニンは目の網膜を修復するためにも使われるアミノ酸です

そのために目が疲れるとメチオニンが目の網膜の修復に多く使用され

髪の毛まで行かなくなり抜け毛の原因になることもあります

抜け毛の予防にはメチオニンを多く含む食べ物を摂取することが必要です

野菜、ナッツ、豆類、ほうれんそう、グリーンピース、にんにく、とうもろこし、ピスタチオ

カシューナッツ、インゲン、豆腐などにメチオニンが多く含まれています

女性ホルモン肌の張りに関する驚きの科学【激震】

女性ホルモンエストロゲンは肌の張りや弾力を支えているコラーゲンやヒアルロン酸の生成にかかわっています

エストロゲンが減少すると肌の表皮にある角質層の水分量だけでなくその奥にある

真皮のコラーゲンやヒアルロン酸も減少して肌の老化が進み潤いや艶、弾力がなくなります

エストロゲンの減少は肌の老化を進ませる原因になります

エストロゲンは更年期以降急速に減少して20代、でも30代ストレス、疲れ、体調不良などで減少します

美肌の材料になる良質のたんぱく質とビタミン、ミネラルが豊富な野菜果物を食べるのが大切です

コラーゲンはフカヒレ、手羽先、牛筋、うなぎなどに多く含まれています

コラーゲンを作るときに必要なビタミンCとビタミンCを強化するフラボノイド類

ミネラルの亜鉛なども同時に摂取しましょう

フラボノイド類はかんきつ類に多く含まれ亜鉛は蠣や小麦胚芽、ごまに多く含まれています

【2018年版】ネットで見れるすごい女性ホルモン低下と肌のたるみ

毛穴が目立つのは肌がたるんできた証拠です

毛穴だけでなく顎のたるみが気になりますが女性ホルモンの1つエストロゲンは

皮膚の弾力を保つコラーゲンやエラスチン水分を保つヒアルロン酸などを維持する働きがあります

コラーゲンは肌の奥深くにある真皮の中を網の目のように交差して肌に張りをあたえます

エラスチンはコラーゲンに巻きつき肌を一層強固にします

エストロゲンの低下によりこれらが少なくなると肌の老化が進んで、潤い、弾力、つやがなくなり

たるみやしわができやすくなります

毛穴対策にも普段から女性ホルモンのバランスを安定しておくことが大事です

そのためにストレスを解消して冷えに気をつけて疲れすぎないようにしましょう

毛穴や肌のたるみにはコラーゲンの豊富な食事がお勧めです

コラーゲンが豊富なのはフカヒレ、手羽先、牛筋、さけの皮、うなぎ、かれいの縁側など

頭皮を指の腹で軽く押すとパンパンに張っている場合はストレスがたまっている状態です

もしくは腫れた感じがあると頭皮がむくんでいる証拠です

ほっておくと顔のたるみ、たるみ毛穴の原因になります

シャンプーしながら簡単なマッサージをすると効果があります

お姉さんが「女性ホルモン アトピー怪しくない?」と思った時に覚えておくと便利なこと

かゆみ、かぶれや酷くなるとアトピーに近い湿疹やじんましんが出やすくなる人がいます

このゆな症状があるときは皮膚や粘膜が乾燥しています

更年期になると女性ホルモンが低下して粘膜が乾燥していくためにこのような症状がおこりますが

20代、30代でも女性ホルモンのバランスがくずれているときは同じような症状がでます

このような症状は細胞に必要な水分が届いていない証拠です

これを東洋医学では陰虚(いんきょ)といいます

肌の症状が出ているときは胃腸の粘膜が衰えています

肌は内臓の状態を表しています

消化が良くて胃腸にやさしくさらに太る心配がないものを食べる必要があります

体に良い油を摂取してそれ以外の油を減少させることが大切です

オメガ3青魚に含まれるEPA、DHA、αリノレン酸が豊富な油を摂取するのがお勧めです

オメガ3は熱に弱く炒め物には向きません熱を加えるときは酸化しにくい

アボガドオイルやオメガ9のオレイン酸、オリーブ油、ピーナッツオイル、キャノーラ油を使用します

さらに体を温めて滋養を高める食事玄米、はとむぎ、みそ、納豆を摂取しましょう

大豆製品には良質のたんぱく質が含まれ女性のホルモンバランスを整えてくれます

また肌や粘膜が弱っているときは白米、白砂糖、甘いもの、カフェインは控えましょう

マンガで分かる女性ホルモン乱れとニキビ講座

頬や額、小鼻、あご、首にできる大人にきびや吹き出物

皮膚は人間の体の中でもっとも表面積が大きく体の中の状態を表します

ストレス、疲れ、悩み、食事などで体調が悪くなると肌に現れます

肌だけ調子が悪いだけでなくて吹き出物がでるのは体の中も悪くなっています

にきびや吹き出物は女性ホルモンと密接につながっています

10代のころは男性ホルモンの分泌量が多くなり女性ホルモンのバランスが乱れています

20代や30代になればにきびは治まり肌はきれいになります

大人になっても頬や額にできる大人にきびは女性ホルモンのバランスが乱れていて

エストロゲンとプロゲステロンの分泌のバランスが悪いためです

特にあごや口の周りにできる吹き出物はプロゲステロンが原因です

排卵後から生理前に分泌が増えるプロゲステロンは皮脂分泌を活発にする女性ホルモンです

プロゲステロンが増えると冷えて血液の流れが悪くなり

胃腸の働きが低下してそれが原因で吹き出物になります

吹き出物や肌荒れは女性ホルモンのバランスを整えることで改善します

有酸素運動は体を温めて女性ホルモンの働きを活発にします

そのうえ脂肪燃焼にも役立ちます

お風呂で温めるのも大切です

また吹き出物ができているときは外から温めるだけでなく温かいものを飲んで内側からも温めましょう

胃腸が弱っているので冷たいものはだめで吹き出物ができているときは控えましょう

ビタミンB群を中心にビタミンC、ビタミンA、ビタミンEは美肌に重要です

ビタミンやミネラルが豊富に含まれ他の栄養効果も優れている

すっぽん原料のサプリすっぽん小町を利用すると手軽に栄養補給が出来ます

吹き出物ができているときは食事に注意が必要です

普段から体調を整えておくことが大事で甘いものは炎症を悪化させます

大人にきびがあるときは甘いものは控えましょう

はと麦はデトックス作用があり大人にきびやしみにもお勧めでビタミンB群も豊富です

エストロゲンとプロゲステロン2つの女性ホルモンと暴言と知性について

2つの女性ホルモン

女性ホルモン

卵巣から出ている女性ホルモンには2種類あります

1つはエストロゲンもう1つはプロゲステロンというホルモンです

このエストロゲンとプロゲステロンはそれぞれ異なる働きをします

エストロゲンは女性らしさを作るホルモンです

一方プロゲステロンは妊娠を助けるホルモンです

2つのホルモンは妊娠出産の準備のために必要で全身をめぐり生理や体の調子に影響を与えます

生理痛、生理不順、肩こり、疲れ、冷え、むくみなどの体の調子や美肌を維持したり

吹き出物などの肌トラブルなどの女性ホルモンの影響です

さらにダイエットでも痩せやすい、太りやすいなどやイライラ、落ち込み、不眠など

心の状態にも女性ホルモンが影響しています

女性の体には1ヶ月の間でさまざまな変化があります

卵胞期、排卵期、黄体期、生理の4つの時期があります

生理後は1ヶ月のうちもっとも安定して心と体が安定しています

卵胞期

エストロゲンがたくさん分泌される時期です

体も心も穏やかで安定している時期です

黄体期

プロゲステロンがたくさん分泌され体や心、肌が不安定なる時期で

便秘やイライラ吹き出物などのトラブルが起こりやすくなります

女性ホルモンの低下と肌

肌の弾力を保っているコラーゲンは女性ホルモンが低下することで肌の弾力がなくなり乾燥してカサ突いてきます

かすみ、かぶれ、湿疹ができやすいのも女性ホルモンの低下が関係しています

糖尿病や甲状腺機能の病気、肝臓病、湿疹、かゆみ赤みが出ることがあります

また皮膚の1番外側にある角質層は毎日少しずつはがれて

新しい表皮細胞が押し上げられます

これがターンオーバーです

皮膚はターンオーバーを繰り返して生まれ変わります

女性ホルモンの分泌が低下してスムーズに行われなくなると

ターンオーバーのサイクルが遅くなり角質層も厚くなります

食事

食事では皮膚や粘膜の健康を保って老化を防ぐβカロテンを多くとりましょう

にんじん、かぼちゃ、春菊、小松菜、せり、大根の葉、にら、ぱせり、モロヘイヤなどの

緑黄色野菜に多く含まれます

入浴

入浴で新陳代謝を高めることもできます

おへそから下だけの半身浴を20分から30分行うことでじんわり汗が出て新陳代謝を促します

小悪魔女子大生の女性ホルモン低下と肌のくすみ日記

肌のくすみもエストロゲンの減少で影響をうけます

脳の視床下部、下垂体はエストロゲンの低下を察知して

エストロゲンを出すように性腺刺激ホルモンを分泌します

すると近くにあるメラノサイト刺激ホルモンにも影響を与えてシミやクスミになります

メラニン色素はシミやクスミを作る原因成分で

くすみの予防には女性ホルモンのバランスを整えることが大事です

強いストレスや疲れは卵巣機能を低下させくすみのできるのを早めます

積極的なくすみ対策は新陳代謝を高め細胞の酸化を防ぐためにビタミンCを摂取するのが大事です

くすみやしみ対策のためにはビタミンCは1日1000mg以上の摂取が最適です

ビタミンCは熱や空気に弱く大根ではおろして20分で20パーセントがなくなります

ほうれんそうを3分ほどゆでただけで50パーセントがなくなります

野菜や果物を調理したらなるべく早く食べるのが大事です

ビタミンCをくすみ、しわの対策でなく体に必要な栄養素として摂取する場合1日100mg必要です

100mgを食べ物から摂取する場合いちご8個、みかん4個、柿1個、れもん3分の2個

キウイ1.5個、トマト3個、ピーマン3分の2個です

くすみのためには1日1000mgなら10倍摂取が必要です

ただしビタミンCは一度に大量に摂取すると体外に排出されます

体が冷えて血行が悪くなると顔色はくすんできます

冷えてないと思っても内蔵は冷えています

毎日お風呂に入り冷たいものを控えましょう

時期が来たので女性ホルモン 記憶力低下を語ります

女性ホルモンエストロゲン脳を守っている

記憶力や集中力の低下仕事の忙しさやストレスがたまれば脳も疲れます

脳の機能低下にもエストロゲンがかかわっています

エストロゲンは脳の働きにも大きく関係してエストロゲンの分泌が低下すれば脳の働きも低下します

更年期以降になると記憶力が悪くなるのはエストロゲンの分泌が極端に少なくなるからです

若くても卵巣機能の低下してエストロゲンの分泌が減れば集中力や記憶力低下が起こります

卵巣機能や脳機能低下を防ぐ生活習慣を取り入れることが大切です

手足の指をよく動かすなど意識して行うと症状の改善につながります

また脳の血流を良くするイチョウ葉エキスが有効です

脳の伝達物質でもあるリン脂質をたくさん摂取して不足させないことが大切です

リン脂質はオメガ3の油DHA、EPAに多く含まれています

DHA、EPAは酸化しやすく酸化を防ぐにはビタミンCと一緒に摂取することが大切です

とりすぎて害になるのはオメガ6の油です

サラダ油、紅花油、ごま油、コーン油、大豆油、ひまわり油、月見草油などです

目を温めることで心の不調が楽になることもあります

東洋医学ではいらいらは目の疲れと直結しているといわれます