エストロゲンとプロゲステロン2つの女性ホルモンと暴言と知性について

2つの女性ホルモン

女性ホルモン

卵巣から出ている女性ホルモンには2種類あります

1つはエストロゲンもう1つはプロゲステロンというホルモンです

このエストロゲンとプロゲステロンはそれぞれ異なる働きをします

エストロゲンは女性らしさを作るホルモンです

一方プロゲステロンは妊娠を助けるホルモンです

2つのホルモンは妊娠出産の準備のために必要で全身をめぐり生理や体の調子に影響を与えます

生理痛、生理不順、肩こり、疲れ、冷え、むくみなどの体の調子や美肌を維持したり

吹き出物などの肌トラブルなどの女性ホルモンの影響です

さらにダイエットでも痩せやすい、太りやすいなどやイライラ、落ち込み、不眠など

心の状態にも女性ホルモンが影響しています

女性の体には1ヶ月の間でさまざまな変化があります

卵胞期、排卵期、黄体期、生理の4つの時期があります

生理後は1ヶ月のうちもっとも安定して心と体が安定しています

卵胞期

エストロゲンがたくさん分泌される時期です

体も心も穏やかで安定している時期です

黄体期

プロゲステロンがたくさん分泌され体や心、肌が不安定なる時期で

便秘やイライラ吹き出物などのトラブルが起こりやすくなります

女性ホルモンの低下と肌

肌の弾力を保っているコラーゲンは女性ホルモンが低下することで肌の弾力がなくなり乾燥してカサ突いてきます

かすみ、かぶれ、湿疹ができやすいのも女性ホルモンの低下が関係しています

糖尿病や甲状腺機能の病気、肝臓病、湿疹、かゆみ赤みが出ることがあります

また皮膚の1番外側にある角質層は毎日少しずつはがれて

新しい表皮細胞が押し上げられます

これがターンオーバーです

皮膚はターンオーバーを繰り返して生まれ変わります

女性ホルモンの分泌が低下してスムーズに行われなくなると

ターンオーバーのサイクルが遅くなり角質層も厚くなります

食事

食事では皮膚や粘膜の健康を保って老化を防ぐβカロテンを多くとりましょう

にんじん、かぼちゃ、春菊、小松菜、せり、大根の葉、にら、ぱせり、モロヘイヤなどの

緑黄色野菜に多く含まれます

入浴

入浴で新陳代謝を高めることもできます

おへそから下だけの半身浴を20分から30分行うことでじんわり汗が出て新陳代謝を促します

時期が来たので女性ホルモン 記憶力低下を語ります

女性ホルモンエストロゲン脳を守っている

記憶力や集中力の低下仕事の忙しさやストレスがたまれば脳も疲れます

脳の機能低下にもエストロゲンがかかわっています

エストロゲンは脳の働きにも大きく関係してエストロゲンの分泌が低下すれば脳の働きも低下します

更年期以降になると記憶力が悪くなるのはエストロゲンの分泌が極端に少なくなるからです

若くても卵巣機能の低下してエストロゲンの分泌が減れば集中力や記憶力低下が起こります

卵巣機能や脳機能低下を防ぐ生活習慣を取り入れることが大切です

手足の指をよく動かすなど意識して行うと症状の改善につながります

また脳の血流を良くするイチョウ葉エキスが有効です

脳の伝達物質でもあるリン脂質をたくさん摂取して不足させないことが大切です

リン脂質はオメガ3の油DHA、EPAに多く含まれています

DHA、EPAは酸化しやすく酸化を防ぐにはビタミンCと一緒に摂取することが大切です

とりすぎて害になるのはオメガ6の油です

サラダ油、紅花油、ごま油、コーン油、大豆油、ひまわり油、月見草油などです

目を温めることで心の不調が楽になることもあります

東洋医学ではいらいらは目の疲れと直結しているといわれます